昨日の日記(8月16日付)に引き続き、テレビ番組で紹介されていた小田原城内にあるパワースポット「イヌマキの木」を見に行ってきました。

◆「イヌマキ」とは・・・イヌマキ(犬槇、学名:Podocarpus macrophyllus)は、マキ科マキ属の常緑針葉高木。関東〜四国・九州・沖縄、台湾の比較的暖かい地域に分布する。(wikiより引用)

イヌマキの木の場所ですが、お堀端通り沿いの赤い橋を渡り、小田原城址公園の正面入口を入り、歴史見聞館をすぎてすぐ目の前にあります。大きいのですぐに目に入ります。

この「イヌマキの木」は小田原市の天然記念物に指定されているという由緒ある木です。幹回りが4.5メートルもあります。左回りにねじり上がっていて、近くで見ると圧巻です。直接木に触れてみたいと思ったのですが、残念ながら近づくことはできませんでした。
f:id:yummy21:20110816094922j:image:w360

f:id:yummy21:20110816093915j:image:w360

f:id:yummy21:20110816093819j:image:w360
しばし近くのベンチに座りながらこの力づよい巨木を眺めていました。眺めるだけでもパワーがもらえました。
f:id:yummy21:20110816094238j:image:w360

パワーを充電した後、せっかくなので天守閣を眺めながらお散歩を続けます。
f:id:yummy21:20110816100345j:image:w360

と、またすごい巨木を発見! 斜めに傾いている木を支柱で支えています。遠くからでもすごい目立ちます。近づいてみると・・・「本丸の巨マツ(おおまつ)」です。こちらも小田原市の天然記念物に指定されており、神奈川の名木100選にもなっている木だそうです。説明によれば樹高30メートル、樹齢推定約400年!!
f:id:yummy21:20110816100637j:image:w360

f:id:yummy21:20110816100717j:image:w360

城内にはこれ以外にも市指定天然記念物の植物があるようです!神奈川県のHPに「西湘の巨木・名木」についての記載がありました。今度またじっくり予習をしてから探しに行きたいと思います。巨木めぐりも楽しいかも♪