*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

<C#>
System.Threading.TimerクラスとAutoResetEventクラスを使う各サンプル例の共通部を作成 <第1ステップ>

 --- 取りあえず共通部をクラス化したサンプル」のコード No.10


*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

.






元のページ


元ページ

「<C# > System.Threading.TimerクラスとAutoResetEventクラスを使う各サンプル例の共通部を作成 <第1ステップ>

 --- 取りあえず共通部をクラス化したサンプル」
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n347305

記述量上限の制限で、ページを分けて記述しています。







本ページの前のページ


System.Threading.TimerクラスとAutoResetEventクラスを使う各サンプル例の共通部を作成 <第1ステップ>

 --- 取りあえず共通部をクラス化したサンプル」のコード No.9
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n351673

記述量上限の制限で、ページを分けて記述しています。






本ページの次のページ


System.Threading.TimerクラスとAutoResetEventクラスを使う各サンプル例の共通部を作成 <第1ステップ>

 --- 取りあえず共通部をクラス化したサンプル」のコード No.11



記述量上限の制限で、ページを分けて記述しています。















はじめに


元ページの

「<C#> System.Threading.TimerクラスとAutoResetEventクラスを使う各サンプル例の共通部を作成 <第1ステップ>

 --- 取りあえず共通部をクラス化したサンプル」

におけるコードをここに記述します。








演算値格納用クラスと演算結果格納用クラスのソースコード





using System;

using System.Collections.Generic;

using System.Linq;

using System.Text;



// System.Threading.TimerクラスとAutoResetEventクラス

// を使う各サンプル例の共通部を作成 <第1ステップ>

//  --- 取りあえず共通部をクラス化したサンプル

namespace SynchronizeTTimerByUsingAutoResetEvent_Step1

{


    // ============================================================

    // ************************************************************

    // データー格納用クラス No.2

    //  --- 加算演算処理の仕様に依存する各種データー

    // ************************************************************

    // ============================================================



    // ************************************

    // ************************************

    // 演算値格納用クラス

    //  --- 演算処理スレッドに渡すデーターを格納するクラスです。

    //      なお、このクラスで作られたオブジェクトは、スレッドタイマーの

    //      スレッドに、引数として渡すデーターです。

    // ************************************

    // ************************************

    public class TimerThreadParameter

    {

        public int InitialValue;    // カウンター初期化値

        // *** public float data1; // 演算値1

        // *** public float data2; // 演算値2

        public System.Threading.AutoResetEvent autoEvent;   // 同期を取るオブジェクト

    }




    // ************************************

    // ************************************

    // 演算結果格納用クラス

    //  --- 演算処理スレッドが、その呼び出し元(メインスレッド)に演算結

    //      果を渡す際に、その演算結果を成すデーターが本クラスです。

    // ************************************

    // ************************************

    public class CalculationResultParameter

    {

        public int InitialValue;    // カウンター初期化値

        // *** public float data1; // 演算値1

        // *** public float InitialData2; // 演算値2(初期値)

        // *** public float CurrentData2; // 演算値2(現在値)

        public float answer; // 演算結果

        public int InvokeCount; // invoke回数のカウンター

    }


}







さいごに


本ページの内容説明については、元ページを参照して下さい。